井戸茶碗の謎解き 野口以織 以織窯
技法の謎解き

井戸の謎解きにおつき合いください
作品で語るべきと判っています。でも、
井戸の世界は独り占めするには気が引けるほど不思議で魅力的です。
とはいえ、ちいさなちいさな個人が行った謎解きの答えです。
もっと有効な答えがあるやもしれません。
違う可能性にお気付きでしたらぜひお教えください。


作陶にますます時間が必要にて「謎解き」の更新は止まったままです。ごめんなさい。
この春より以下の変更がありました。

1.出来るだけ柔らかな土にてロクロ引きしています。
(大井戸を引くのが困難ですが、仕上がりの柔らかさには替えられません。)
2.高台削り法に変化があります。(機会があれば後ほど詳しく。)
3.施釉法はズブ掛けですが、釉ダルの中で片手からもう一方の手に器を渡す方法になりました。

■目次■

最終更新日;平成24年6月15日
思いつくまま書いていきます。何頁になるかは見当はつきません。


当サイトへのご意見ご要望はido@iorigama.comへお願いいたします。

当サイトの文章や画像の無断転載をお断りいたします。