仲森智博氏履歴
spacer

##著者略歴

仲森智博(なかもり・ともひろ)

日経BP社 日経BP未来研究所長 執行役員
早稲田大学 研究院客員教授
##
1959年生まれ。
早稲田大学理工学部応用化学科卒業後、沖電気工業 基盤技術研究所にて薄膜デバイス、結晶成長法などの研究に従事した。
1989年日経BP社入社、以降日経エレクトロニクス誌の記者として研究開発、コンシューマ機器、ディスプレイ、周辺機器、電子デバイスなどの分野を担当、同誌副編集長、日経メカニカル(現日経ものづくり)編集長、オートモーティブ・テクノロジー編集長、日経ビズテック編集長、 NVCオンライン編集長、電子・機械局編集委員、日経BPコンサルティング チーフストラテジストなどを経て2013年から現職。
東京工業大学 非常勤講師/プログラムオフィサー、早稲田大学 ナノテクノロジーフォーラム理事、同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター嘱託研究員、経済産業省 産業構造審議会委員、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 技術評価委員会専門委員なども務めた。
著作に、『テレビが変わる』(共著、1999年、丸善)、『骨董・文化財に強くなろう』(共著、1995年、フレーベル館)、『挑戦』(共著、1999年、日経BP社)、『開発者列伝』(共著、2001年、日経BP社)、『思索の副作用』(電子出版、2010年、日経BP社)、『FUKUSHIMAレポート-原発事故の本質-』(共著、2012年、日経BPコンサルティング)、『ものづくり大国の黄昏』(共著、2012年、日経BPコンサルティング)などがある。

■著作ほか

思索の副作用
  連載コラム、日経テクノロジーOnlineは登録制ですが無料で閲覧できます。
  電子書籍版はこちらです。

技のココロ
  企画・編集担当、一部共著、連載中の『日本刀』など一部は書籍化の予定あり。
  日経テクノロジーOnlineは登録制ですが無料で閲覧できます。

ほんものの日本人
  編集を担当
  『ほんものの日本人』の番宣記事はこちらです。

FUKUSHIMAレポート
  FUKUSHIMAプロジェクトはこちらです。

アートコレクター
  「コレクターズ・ライフ」にインタビュー記事。
  コレクターとして取り上げられた唯一のもの、現在でも入手できるかどうかわかりませんが……

日経BP未来研究所こちらです。